前代未聞の北斎展「北斎づくし」開催!詳細

まるで映画のセットのような「バンクシーって誰?展」東京・寺田倉庫で開催。名古屋・大阪・郡山・高岡・福岡に巡回予定

バンクシーって誰?展のアイキャッチ画像
この記事は約6分で読めます。

バンクシーって誰?展】が、東京・天王洲の寺田倉庫G1ビルにて、2021年8月21日(土)~12月5日(日)の日程で開催されます。

本展は、世界各都市を巡回した「ジ・アート・オブ・バンクシー展」の傑作群を、日本オリジナルの切り口で紹介する展覧会。プライベート・コレクター秘蔵のオリジナル作品の展示に加え、活動の主戦場である“ストリート”に焦点を当て、テレビ局ならではの、まるで映画のセットのような街並み再現展示で没入空間が体感できます。

東京・寺田倉庫で開催後は、名古屋、大阪、郡山、福岡に巡回予定となっています。

SPONSORED LINK
目次

バンクシーって誰?展の開催概要

展覧会名
【WHO IS BANKSY?/バンクシーって誰?展】

会場・会期
[東京]寺田倉庫 G1ビル(東京都品川区東品川2-6-4)
2021年8月21日(土)~12月5日(日) 11:00〜20:00 (金・土・祝前日は21:00まで)※最終入場は閉館時間の30分前
休館日:10月5日(火)、10月12日(火)、10月19日(火)

[名古屋]グローバルゲート ガレージ名古屋
2021年12月19日(日)~2022年3月27日(日)

[大阪]グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ→Googleマップ
2022年4月23日(土)~6月12日(日)

[郡山]ビッグパレットふくしま→Googleマップ
2022年6月29日(水)~8月24日(水)

[高岡]高岡市美術館
日時調整中

[福岡]調整中

チケット・料金(当日券)
一般:平日2000円、大学・高校生1800円、中学・小学生1300円
※土日祝はそれぞれ200円高くなります。
※未就学児は無料

販売期間:前売券 5月27日(木)〜8月20日(金) 、当日券 8月21日(土)〜12月5日(日) 

公式サイト
https://whoisbanksy.jp/

混雑緩和のため、土日祝は日時指定となります。
①11:00~15:00 / ②15:00~20:00(金・土・祝前日は 21:00まで)の2部制となります。

バンクシーって誰?展の見どころ

公式サイトに掲載されている「バンクシーって誰?展」の見どころを紹介します。

会場に世界各地のストリート作品が出現!!

世界中に分散するバンクシーのストリート・アート。
その代表作品を選りすぐって、テレビスタジオの舞台美術チームが、美術館とは異なる会場空間でリアルサイズに再現します。

バンクシーのストリート作品を見るために世界一周の三旅へ出なくとも、活動の三大地域と言われるヨーロッパ、アメリカ、そして中東の街並みをこの会場で体感することができます。

故郷イギリスのブリストルからロンドン、映画にもなったニューヨークでの活動や自主企画で一世を風靡したロサンゼルス、そして幾度も訪れては作品を残し続けている中東。映画のセットのようなリアルな街並みを会場に出現させ、全面撮影OKの新感覚没入型展示を創出します。

プライベート・コレクター秘蔵のオリジナル作品が初お目見え!!!

街なかや美術館でも通常は見ることのできない、プライベート・コレクター秘蔵のオリジナル作品を一挙公開。バンクシーに代わって作品の真贋を認証するペスト・コントロールにより本物認定された作品の数々で、バンクシーの足跡とその謎に迫ります。

会場でリアルサイズに再現するストリート作品と、コレクターからお借りする額装作品の比較展示は、本展でしか見られない貴重な体験となります。
また、キャンバス、段ボール、鉄板、木板、紙、石の彫刻、リトグラフ、ポスター、アルバム・ジャケットほか、バンクシーの作品制作風景を収めた写真を含め、多種多様な表現手法や出展品も見どころ。

さらに今回特別出展として、イギリスのファッション・デザイナーで、アートに造詣が深くバンクシー好きで知られる、ポール・スミス氏の希少な油彩画《コンジェスチョン・チャージ》も必見です!

バンクシーって誰?展の図録・グッズ

ビニール傘やマグ、あのシュレッダー事件を彷彿させるクリアファイルなど、本展限定のグッズも販売予定。

その他の情報は随時更新していきます。

バンクシーって誰?

イギリスを拠点に活動する匿名の芸術家。
世界中のストリート、壁、橋などを舞台に神出鬼没に活動している。アート・ワールドにおいてバンクシーは、社会問題に根ざした批評的な作品を手がけるアーティストとして評価されている他、テーマパーク、宿泊施設、映画の制作など、その活動は多岐にわたります。

バンクシーの代表的な活動スタイルであるステンシル(型版)を使用した独特なグラフィティと、それに添えられるエピグラムは風刺的でダークユーモアに溢れています。

その作風は、芸術家と音楽家のコラボレーションが活発なイギリス西部の港湾都市ブリストルのアンダーグラウンド・シーンで育まれました。

バンクシーを一躍有名にした“シュレッダー事件”

とりわけバンクシーを一躍有名にした作品が、この『Girl with Balloon/ガール・ウィズ・バルーン』にまつわる“シュレッダー事件”。

2018年10月5日、イギリスの老舗オークションハウス「サザビーズ」にて、この『ガール・ウィズ・バルーン』が落札されました。当時のレートで1億5,000万円もの価格がついたこの作品は、落札の次の瞬間、あらかじめ額縁に内蔵されていたシュレッダーによって裁断される事態に。

シュレッダーを仕掛けたのはバンクシー本人。

事件後、作品は『Love is in the Bin/愛はゴミ箱の中に』と改名されました。

関連性のある記事

SPONSORED LINK
バンクシーって誰?展のアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる