「バンクシーって誰?展」開催!詳細

超高精細デジタルアートで蘇る「巨大映像で迫る五大絵師−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界」が大手町三井ホールにて開催

「巨大映像で迫る五大絵師−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−」のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます。

東京千代田区にある大手町三井ホールで、デジタルアート展「巨大映像で迫る五大絵師−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−」が7月16日(金)から開催されます。

国宝および重要文化財を含む40作品以上をラインナップし、デジタル技術と映像演出、そして巨大スクリーンによって大スペクタクルを展開。

会場内では、巨大な名画をバックに写真撮影も可能です。

会期中、プログラムが毎日入れ替わります。公式サイトの「開催カレンダー」と「ダブルプログラム上映作品一覧」にてご確認ください。

SPONSORED LINK

巨大映像で迫る五大絵師−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−について

「巨大映像で迫る五大絵師−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−」の会場イメージ写真
※会場イメージ

「巨大映像で迫る五大絵師−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−」展では、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」と歌川広重の「東海道五拾三次」、俵屋宗達と尾形光琳が描いた2つの「風神雷神図屏風」の競演、伊藤若冲の代表作「仙人掌群鶏図」など、日本美術の歴史的作品の数々を超高精細デジタルアートとして蘇らせます。

3面ワイド45mスクリーンに高輝度4Kプロジェクターを駆使したダイナミックな巨大映像空間で、浮世絵は原作和紙の繊維一本一本まで、金屏風や金襖絵は素材や表現の緻密な違いまでを再現します。

「巨大映像で迫る五大絵師−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−」の会場イメージ写真
※会場イメージ

また、解説シアターでは作品のディテールを拡大表示し、ナレーション(英文字幕)によるわかりやすい解説で作品の魅力に迫ります。さらに、「Digital北斎×広重」コーナーでは、「冨嶽三十六景」と「東海道五拾三次」からベストセレクション約60作品を大型モニター10数台で紹介します。

巨大映像と音楽をコラボレーションしたドラマチックな演出による新感覚のアートエキシビション。古の人々の息づかいまで聞こえてくるような、時空を超えたアート体験をお楽しみください。

主な上映作品

五大絵師の代表的な作品をはじめ、同時代の豪華絢爛な金屏風など、40作品以上を予定。本展は上映作品が毎日入れ替わるダブルプログラムで行います。 上映作品リストは公式サイトでご確認下さい。

  • 葛飾北斎 冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」「凱風快晴」「山下白雨」、他
  • 歌川広重 東海道五拾三次「日本橋 朝之景」「蒲原 夜之雪」「庄野 白雨」、他
  • 俵屋宗達 国宝「風神雷神図屏風」 
  • 尾形光琳 重要文化財「風神雷神図屛風」、「菊図屏風」、「雪松群禽図屏風」
  • 伊藤若冲 重要文化財「仙人掌群鶏図」、「百花の図」

巨大映像で迫る五大絵師−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−の見どころ

20億画素の超高精細デジタルリマスターが明らかにする、浮世絵の真実

アルステクネが開発した独自のDTIP(超高品位3次元質感記録処理技術)により、浮世絵を3Dデータとして組み上げ、超高精細なデジタルリマスター化を実現。

「巨大映像で迫る五大絵師−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−」の葛飾北斎「冨嶽三十六景凱風快晴」写真
葛飾北斎「冨嶽三十六景凱風快晴」 所蔵:山梨県立博物館

葛飾北斎、歌川広重が表現した微細な凹凸などの技巧はもちろん、和紙の繊維一本一本(0.05mm程度)の質感までも立体的に復元することに成功しました。

「巨大映像で迫る五大絵師−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−」の葛飾北斎「冨嶽三十六景凱風快晴」写真
葛飾北斎「冨嶽三十六景凱風快晴」 所蔵:山梨県立博物館

超高精細デジタル画像による「Digital北斎×広重」コーナーでは、「冨嶽三十六景」と「東海道五拾三次」からベストセレクション約60作品を大型モニター10数台で紹介します。

超細密データ画像の巨大映像化で描く圧巻の金世界

最新デジタル撮影技術と多分割データ画像処理技術によって、金屏風や金襖絵の金箔、切箔、金砂子、金泥などの素材や表現の緻密な違いまでも再現。

「巨大映像で迫る五大絵師−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−」の会場イメージ写真
※会場イメージ

俵屋宗達や尾形光琳、伊藤若冲たちが細密に描写し綴られている物語が鮮やかに蘇ります。

3面ワイド45m巨大スクリーン映像と音楽のコラボによる未知のアート体験

メイン会場は、3面ワイド45mスクリーンによる圧巻の巨大映像空間。先進デジタル技術と高輝度4Kプロジェクター複数台を駆使した映像と、音楽のコラボレーションによる大スペクタクルを体験できます。

「巨大映像で迫る五大絵師−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−」の葛飾北斎「冨嶽三十六景神奈川沖浪裏」写真
葛飾北斎「冨嶽三十六景神奈川沖浪裏」 所蔵:山梨県立博物館

また、超高精細デジタル画像で作品の緻密な部分を拡大表示し、ナレーション(英文字幕)とともに作品をわかりやすく解説するプログラムも。

「巨大映像で迫る五大絵師−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−」の葛飾北斎「冨嶽三十六景神奈川沖浪裏」写真
※会場イメージ

巨大な名画をバックに写真撮影も可能です。

巨大映像で迫る五大絵師−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−開催概要

展覧会名
巨大映像で迫る五大絵師 ─北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界─

開催期間
2021年7月16日(金) ~ 9月9日(木)
10:30〜19:30(最終入館は閉館の60分前まで)
※会期中、プログラムが毎日入れ替わります。開催カレンダー 上映作品一覧 にてご確認ください。

休館日
8月10日(火)、8月24日(火)、9月7日(火)

会場
大手町三井ホール(〒100-0004 東京都千代田区大手町1-2-1 Otemachi One 3階)Googleマップ→
・東京メトロ千代田線大手町駅直結 徒歩約2分
・東京メトロ大手町駅直結 徒歩約3分
・東京メトロ丸の内線大手町駅直結 徒歩約5分
・東京メトロ東西線大手町駅直結 徒歩約9分
・都営地下鉄三田線大手町駅直結 徒歩約6分
・JR東京駅丸の内中央口地下道直結 徒歩約12分

※大手町駅C4またはC5出口直結(C5は日曜日・祝日、入口閉鎖中)

チケット料金
一般2,000円、大学生・専門学校生1,500円、中学生・高校生1,000円

  • 満70歳以上、小学生以下は入場無料。
  • 障がい者手帳をお持ちの方(付添者は原則1名まで)は無料。
  • ご来場時、年齢証明ができるもの、または学生証をご提示ください。

公式サイト
https://faaj.art/2021tokyo/

当記事内の情報は執筆時時点のものになります。情報に誤りがあっても責任は取れませんので、必ず公式サイトにてご確認下さい。

出典:PR TIMES

SPONSORED LINK
「巨大映像で迫る五大絵師−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−」のアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!