アンディウォーホル展が開催決定!詳細

【三菱一号館美術館】アクセスなど施設紹介。駐車場は丸の内パークビル、チケットはWebketがおすすめ

三菱一号館美術館の外観写真
この記事は約12分で読めます。

三菱一号館美術館」は、東京都千代田区丸の内にある、大手不動産会社の三菱地所運営の企業博物館です。

1894年に建てられた歴史ある建物でしたが老朽化のため解体され、2010年に美術館として復元したものが現在の「三菱一号館美術館」となります。

JR東京駅丸の内南口から徒歩5分という街中に位置するものの、館内の静かな佇まいは、都会の喧騒を忘れるに充分な異空間として存在感を放っています。

SPONSORED LINK
目次

三菱一号館美術館とは

竣工当初の三菱一号館外観写真
竣工当初の三菱一号館
著作者不明。, Public domain, via Wikimedia Commons

1859年の開国間もない1894年、三菱が東京丸の内に建設した初めての洋風事務所建築がこの三菱一号館でした。設計はイギリス人建築家ジョサイア・コンドル。

1894年当時、洋風事務所建築は横浜や神戸の外国人居留地、そして長崎の出島などにも見られましたが2階建の小規模のものが多く、本館のように、煉瓦造の建物内に銀行や商社、郵便局が入居するような大型建築は異例でした。

三菱一号館美術館の外観写真
復元された三菱一号館美術館

この建物は老朽化のために1968年に解体されましたが、40年あまりの時を経て、2009年に誕生した「丸の内ブリックスクエア」を構成する施設として、ジョサイア・コンドルの原設計に則って同じ地に復元されたのが、現在の「三菱一号館美術館」なのです。

三菱一号館美術館の3階廊下写真
3階廊下

建造物の構造的な制約により平均40㎡の小さい展示室20室が1~3階に分かれている点も特徴で、ここでは19世紀後半から20世紀前半の近代美術を主題とする企画展が年3回ほど開催されています。

三菱一号館美術館の3階廊下から見た中庭写真
3階廊下から見た中庭

コレクションは、建物と同時代の19世紀末西洋美術を中心に、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック、オディロン・ルドン、フェリックス・ヴァロットン作品などを収蔵。

あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たã...
美術館2階

館内施設としてミュージアムカフェ・バー「Cafe1894」、ミュージアムショップ「Store1894」、丸の内の歴史体感スペース「歴史資料室」も併設されています。

三菱一号館美術館の特徴:所蔵作品

三菱一号館美術館の外観写真

モーリス・ジョワイヤン コレクション
トゥールーズ=ロートレック(1864~1901)が没するまで手元で保有した272点あまりのグラフィック作品群。

ジョン&ミヨコ・ウンノ・デイヴィー・コレクション
ミントンやロイヤル・ウースター、ティファニーやゴーハムなどによる秀作が数多く含まれる、174点におよぶ陶磁器、銀器、ガラス作品などのコレクション。

グラン・ブーケオディロン・ルドン
ブルゴーニュ地方ヴェズレー近郊の城館の食堂装飾の中心だった作品で、ルドンが描いたパステル画としては最大。

公園、夕暮れと版画コレクション フェリックス・ヴァロットン
ナビ派時代を特徴づける平坦な色面と単純化された画面構成によって、夕暮れの陽光に照らしだされるリュクサンブール公園の情景を描いた『公園、夕暮れ』と、ヴァロットンによる版画約187点。

ジャポニズム貴重文献
19世紀に西欧を席巻したジャポニスムの運動に関する同時代発行の貴重文献を精選したコレクション。

三菱一号館美術館のアクセスと行き方・場所

SPONSORED LINK
三菱一号館美術館の外観写真

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる