国立西洋美術館リニューアル記念展 →

アンディ・ウォーホル・キョウトが2022年9月17日から開催決定!京都市京セラ美術館にて100点以上が日本初公開作品

京都市京セラ美術館で開催の「ANDY WARHOL KYOTO」のアイキャッチ画像
この記事は約4分で読めます。

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントは、80年を超える歴史を持つ京都市美術館が「京都市京セラ美術館」として2020年にリニューアルオープンするにあたり、アンディ・ウォーホル大回顧展「ANDY WARHOL KYOTO / アンディ・ウォーホル・キョウト」を、2020年9月19日(土)~2021年1月3日(日)の日程で開催すると発表しました。
→【追記】2022年9月17日(土)~2023年2月12日(日)に開催が決定しました。

本回顧展は、ウォーホル美術財団公式美術館「The Andy Warhol Museum(アンディ・ウォーホル美術館)」所蔵作品のみで構成される日本初の試みであり、展示される約200点のうち100点以上が日本初公開作品。

京都のみで大規模なアンディ・ウォーホルの個展が開催されるのは初、関西では約四半世紀ぶりとなります。

SPONSORED LINK
目次

アンディ・ウォーホル・キョウトについて

1960年代のニューヨークで、大衆文化・消費社会のイメージを主題や素材とする「ポップアート」の旗手として活躍した唯一無二のアーティスト、アンディ・ウォーホル(1928-1987)。

アメリカ ピッツバーグにあるアンディ・ウォーホル美術館の所蔵品から、イラストレーターとして活躍していた1950年代の初期作品をはじめ、1960年代に制作された「死と惨事」シリーズに代表される象徴的なキャンバス作品、映画やテレビ番組などの映像、注文絵画としてのセレブリティのポートレート、そして、宗教画を参照した晩年の作品を展示する、京都における初の本格的なアンディ・ウォーホル展となります。

大衆消費社会のいわば光と影の両面を映し出すアンディ・ウォーホルの作品約200点を通して、複雑なアンディ・ウォーホル像に迫ります。

アンディ・ウォーホル・キョウトの開催概要

SPONSORED LINK
京都市京セラ美術館で開催の「ANDY WARHOL KYOTO」のアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる