国立西洋美術館リニューアル記念展 →

【クロード・モネ -風景への問いかけ】2021年10月開幕から再度延期に。東京・京橋のアーティゾン美術館が発表

クロード・モネ ― 風景への問いかけ オルセー美術館・オランジュリー美術館特別企画のアイキャッチ画像
この記事は約4分で読めます。

2020年7月~10月の開催が予定されていたものの、新型コロナウイルスの影響で延期になっていた【クロード・モネ -風景への問いかけ】展ですが、2021年5月29日(土)から東京・京橋のアーティゾン美術館にて開催を行うことが発表されました。
【追記】再度延期となり、2021年10月2日(土)からの開催となります。
→【追記】再度延期となり会期未定です(日仏のコロナウイルス感染状況に鑑みて延期)。

同展は、フランス・オルセー美術館のコレクションを中心に、初期から晩年までのモネの作品とモネの同時代の絵画、写真、浮世絵など計約140点を展示し、モネの風景画の誕生と展開の全貌に迫る企画となっています。

SPONSORED LINK

「クロード・モネ -風景への問いかけ」について

オルセー美術館所蔵、クロード・モネ「かささぎ」作品

印象派を代表する画家、クロード・モネ(Claude Monet, 1840~1926)は、自然の中の外光の美しさに魅了され、その探求と表現方法の追求に生涯を捧げ、神話や宗教の物語を主題とした絵画に比べて軽視されていた風景画に革新をもたらしたことが知られています。

モネが生み出した風景画は、それまでの風景を描いた作品のあり方を根底から覆し、新しい時代の世界観とその詩情を伝達する手段を創造しました。 

オルセー美術館所蔵、クロード・モネ「ポプラ並木」写真

オルセー美術館主席学芸員・学芸部長のシルヴィー・パトリが監修をつとめ、世界最高峰のモネ・コレクションを有するオルセー美術館の作品を中心に国内の作品と合わせて、モネの風景画の全貌を伝えようとするものです。

モネの画業において重要な時代と場所、すなわち少年時代を過ごしたル・アーヴル時代から、アルジャントゥイユ時代(1870年代)、ヴェトゥイユ時代(1878~1881)、1880年代の旅の時代、最晩年にいたるまで40年以上もの長い時間を過ごしたジヴェルニー時代(1890~1926)のそれぞれを丁寧に追い、モネが各々の時代に、各々の土地で何を見て、どのように描き、どのような主題をイメージに込めたかを丹念に探ることで、モネの風景画の特質を明らかにします。

特にモネの画業の終幕において展開された、睡蓮の連作に結実する風景表現の主題や舞台装置を探りながら、個々の作品が連続性のなかで発展していることを示します。

オルセー美術館所蔵、クロード・モネ「日傘の女性」作品

モネは、その最晩年にパリのオランジュリー美術館に納められている『睡蓮』を主題とした大装飾を制作しました。

本展では、この作品を主題としたフランスの映像作家アンジュ・レッチアが制作した映像作品も公開。

また、同時代の画家たち、あるいは新しい表現方法としての写真、あるいは西洋の文脈とは全くことなる質を持つ浮世絵などの日本美術や工芸作品も同時に展示し、モネの画業にどのような影響を与えたかを考察します。

「クロード・モネ -風景への問いかけ」開催概要

SPONSORED LINK
クロード・モネ ― 風景への問いかけ オルセー美術館・オランジュリー美術館特別企画のアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!