過去最大級の規模で横浜に集結「バンクシー展 天才か反逆者か」は横浜駅アソビルで開催

2020 6/24
過去最大級の規模で横浜に集結「バンクシー展 天才か反逆者か」は横浜駅アソビルで開催

2018年からモスクワ、マドリード、リスボン、香港など世界5都市で100万人以上を動員する展覧会「BANKSY展 GENIUS OR VANDAL?(バンクシー展 天才か反逆者か)」が、横浜駅直通の複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」にて2020年3月15日(日)〜9月27日(日) →10月4日(日)の期間で開催されます。

▼実際に鑑賞した記事はこちら

目次

BANKSY展 GENIUS OR VANDAL?(バンクシー展 天才か反逆者か)

社会風刺を凝らしたグラフィティアートやストリートアートで強いメッセージを発信し続け、世界で最も注目を集めるアーティストの一人、バンクシー

本展覧会では70点以上のオリジナル作品や版画、立体オブジェクトが、過去最大級の規模で横浜に上陸します。

日本でも多くの人に知られる、平和へのメッセージが込められた《LOVE IS IN THE AIR》や希望を願う《GIRL WITH BALLOON》、社会的弱者をドブネズミに重ねた「RAT」シリーズなど、コレクターの所有作を中心に貴重なオリジナル作品が集結。

ここでしか見れない垂涎のコレクションで、バンクシーの世界に浸ることが出来ます。

開催概要

展覧会名:
「BANKSY GENIUS OR VANDAL?」(英名)
「バンクシー展 天才か反逆者か」(和名)

期間:2020年3月15日(日)〜9月27日(日) → 10月4日(日) 10:00〜20:30(最終入場20:00)※会期中無休

会場:アソビル(神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル2階)

URL:https://banksyexhibition.jp

※本展は謎に包まれたアーティスト「BANKSY」によってオーソライズやキュレーションされた展覧会ではなく、コレクターのコレクションが集結する世界巡回展です。
※日本開催時の展示作品は変更になることがあります。​

料金・チケット情報

■日時指定チケット料金
(平 日)大人1,800円、大・専・高1,600円、中学生以下1,200円

(土日祝)大人2,000円、大・専・高1,800円、中学生以下1,200円

■販売サイト
https://banksy.eplus.jp/index.php

※未就学児入場無料
※QRコードチケットでの入場となります。スマートフォン提示もしくはプリントで持参して下さい。
※日時指定とは、時間内でのご入場をご案内するもので、待ち時間がなくなるわけではありません。
※学生券を購入された方は学生証、生徒手帳が必要になります

バンクシーとは?

イギリスを拠点に活動する匿名の芸術家。
世界中のストリート、壁、橋などを舞台に神出鬼没に活動している。アート・ワールドにおいてバンクシーは、社会問題に根ざした批評的な作品を手がけるアーティストとして評価されている他、テーマパーク、宿泊施設、映画の制作など、その活動は多岐にわたります。

バンクシーの代表的な活動スタイルであるステンシル(型版)を使用した独特なグラフィティと、それに添えられるエピグラムは風刺的でダークユーモアに溢れています。

その作風は、芸術家と音楽家のコラボレーションが活発なイギリス西部の港湾都市ブリストルのアンダーグラウンド・シーンで育まれました。

アソビルとは?

アソビルとは、「遊べる駅近ビル」をコンセプトとした横浜駅みなみ東口通路直通の複合型体験エンターテインメントビルです。

アソビルの外観
帷子川(かたびらがわ)から見たところ

横浜中央郵便局別館をリノベーションした、屋上、地上4階〜地下1階建のビルで、フロアごとにテーマの異なるさまざまな体験ができます。

横浜駅みなみ東口通路直通、横浜駅東口からは徒歩2分のアクセスです。みなみ東口通路には階段しかないので、車椅子やベビーカーの方は東口からアプローチして下さい。1階インフォメーション奥に、ベビーカー置き場や授乳ボックスもあります。

▼施設の詳細やアクセスはこちらから

実際に鑑賞した記事はこちら

出展:PR TIMES

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる