「展覧会 岡本太郎」が開催! →

「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」が国立西洋美術館で開催

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展のチラシ
この記事は約7分で読めます。

東京上野にある国立西洋美術館で、ピカソ作品35点が日本初公開となる「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」が2022年10月8日(土)~2023年1月22日(日)の日程で開催。

ドイツ生まれの美術商ハインツ・ベルクグリューン氏が作り上げた世界有数のコレクションを収蔵するベルリン国立ベルクグリューン美術館から作品が来日。

パブロ・ピカソ、パウル・クレー、アンリ・マティス、アルベルト・ジャコメッティら20世紀巨匠たちの作品群は、日本では初めてまとまって紹介するものが多く、97点のうち76点が日本初公開となります。

SPONSORED LINK
目次

「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」について

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展の看板写真

世界有数の個人コレクションを作りあげた ドイツ生まれの美術商ハインツ・ベルクグリューン(1914-2007年)。

彼のコレクションは、生まれ故郷であるベルリンのシャルロッテンブルク宮殿に面した建物の中で公開され、2000年には主要作品をドイツ政府が購入、2004年にはベルクグリューン美術館と改称しました。

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展の展示風景写真

ベルクグリューンは晩年まで作品の購入と放出を繰返し、最終的には、彼が最も敬愛した同時代の4人の芸術家たち、パブロ・ピカソ、パウル・クレー、アンリ・マティス、アルベルト・ジャコメッティの作品に重点が置かれています。

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展の展示風景写真

この4人に彼らが共通して師と仰いだモダンアートの祖、ポール・セザンヌも加えた、粒選りの作品からなるコレクションは、創造性と生命力にあふれた20世紀の巨匠たちの芸術を堪能させてくれます。

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展の展示風景写真

ベルクグリューン美術館の改修を機に実現した今回の展覧会は、この個性的で傑出したコレクションから精選した97点の作品に、日本の国立美術館の所蔵・寄託作品11点を加えた合計108点で構成。

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展の展示風景写真

ベルクグリューン美術館の設立後、館外でまとめてコレクションを紹介する展覧会は今回が初めてで、97点のうち76点が日本初公開となります。

「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」の見どころ

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展の看板写真

アート・ディーラーが厳選した20世紀美術コレクションが一堂に展観

「自分が生きる時代を代表する美術を展望するには、一級の作品が揃っていなければ本当の意味で説得力はない」と語ったベルクグリューンは、画商としての経験と人脈を活かしながら、自身の嗜好と鑑識眼をたのみに収集を続けました。

すべてのコレクターのお手本ともいえる、作品収集への情熱と研ぎ澄まされた審美眼による粒よりのコレクションを、一堂に展観します。

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展の展示風景写真

第一級のピカソ・コレクションが来日

同時代の最大の画家としてピカソに心酔していたベルクグリューンは、画家本人とも交流しながら、作品の収集に没頭し、コレクションを拡大させました。

本展出品作のうち、日本初公開35点を含む約半数がピカソの作品という充実したヴォリュームによって、ピカソの画業の各時代を代表する名品を紹介します。

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展の展示風景写真

ベルクグリューン厳選の額

作品を購入すると、ベルクグリューンはアンティークの額を探し出して組み合わせました。

こだわりのアンティークの額縁とのユニークな組み合わせにも注目です。

展示室内の撮影について

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展の看板写真

本展では、展示室内の撮影不可マークのある作品をのぞき、すべての作品の写真撮影が可能です。ただし、ご利用は個人利用に限ります(個人利用に限る)。

以下の行為はご遠慮ください。

  • フラッシュ撮影や三脚、自撮り棒など撮影機器を用いての撮影
  • 展示品や展示ケースを汚損するおそれのある接写等の行為
  • 動画の撮影
  • 他の鑑賞者の鑑賞を妨げる行為(長時間の撮影、割り込み、連写や特殊なシャッター音など)
  • 撮影した展示品画像の二次加工や改変

撮影された写真に他の観覧者が写っている場合、その写真の公表にあたっては、写り込んだ方の肖像権に触れることがありますのでご注意ください。また、「撮影不可」マークの作品が写り込んだ写真を公表する場合は、著作権法等に触れる場合があります。展覧会主催者は一切責任を負いません。

複製、配布および商業利用を目的とする撮影はできません。

「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」開催概要

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展のチラシ

■展覧会名
ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展 
Picasso and His Time: Masterpieces from Museum Berggruen / Nationalgalerie Berlin

■会場
国立西洋美術館(〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7)→Googleマップ
期間: 2022年10月8日(土)~2023年1月22日(日) 9:30~17:30(金・土は20:00まで)※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日、 10月11日(火)、12月30日(金)~2023年1月1日(日)、1月10日(火)
※ただし、10月10日(月・祝)、2023年1月2日(月・休)、1月9日(月・祝)は開館

■チケット料金
一般2,100円、大学生1,500円、高校生1,100円
※中学生以下は無料
※心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)


■公式サイト
https://picasso-and-his-time.jp/

国立西洋美術館の施設概要

SPONSORED LINK
ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展のチラシ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
SPONSORED LINK
目次