イッタラ展がBunkamuraで開催 →

「出版120周年 ピーターラビット展」が世田谷美術館で開催。「ピーターラビットのおはなし」彩色原画が全点公開されます

出版120周年 ピーターラビット™展のアイキャッチ画像
この記事は約7分で読めます。

東京世田谷にある世田谷美術館で、ピーターラビット120回目の誕生日を祝う記念展「出版120周年 ピーターラビット™展」が、2022年3月26日(土)~6月19日(日)の日程で開催。

本展では、「ピーターラビットのおはなし」誕生の背景や物語の世界を、英国外初公開を含むオリジナル原画などにより紹介し、愛らしいうさぎの120回めのお誕生日をお祝いします。

世田谷美術館の後は、大阪あべのハルカス美術館、静岡市美術館に巡回予定です。

SPONSORED LINK
目次

「出版120周年 ピーターラビット™展」について

今も世界中で愛され続けるいたずら好きなうさぎ、ピーターラビット™。

1902年に刊行された絵本「ピーターラビットのおはなし」 は、英国の作家ビアトリクス・ポター™が、病気で寝込んだ幼い男の子のためペットのうさぎをモデルとして描いた絵手紙に始まる物語で、初出版以来多くの人々にゆかいな夢を与えてきました。

出版120周年を迎える2022年に開催される本展では、「ピーターラビットのおはなし」誕生の背景や物語の世界を、英国外初公開を含むオリジナル原画などにより紹介し、愛らしいうさぎの120回めのお誕生日をお祝いします。

「出版120周年 ピーターラビット™展」の見どころ

出版120周年 ピーターラビット™展に展示される《ノエル少年への絵手紙》写真

本展では、「ピーターラビットのおはなし」の彩色原画全点と、その原点となった《ノエル少年への絵手紙》を日本で初めて一堂に展示します。

出版120周年 ピーターラビット™展で展示される作品写真

また、「ピーターラビット」以前に描かれた本邦初公開のうさぎのスケッチやイラストレーション、私家版や草稿本、原画、関連アイテムなど約170点を紹介。

出版120周年 ピーターラビット™展で展示される作品写真

初出版から120周年を迎えるメモリアルイヤーに、“やんちゃなうさぎ”の誕生日を祝うパーティのような楽しい展示を演出。

ピーターラビットの物語

ピーターラビットの一番はじめのおはなしは、作者のビアトリクス・ポター™が1893年、自分の元家庭教師の幼い息子(ノエル・ムーア)が病気で寝込んでしまった際、励ますために書いた絵手紙でした。

その後、周囲の勧めもあり、ビアトリクスは絵手紙を絵本にしたいと考え、この物語は自費出版を経て、ロンドンの出版社フレデリック・ウォーン社から「ピーターラビットのおはなし」として刊行されました。

以後、時代を超えて読み継がれ、ピーターラビットシリーズの累計発行部数は、全世界で2億5000万部を超えるロングセラーになっています。

「出版120周年 ピーターラビット™展」開催概要

出版120周年 ピーターラビット™展のチラシ写真

■展覧会名
出版120周年 ピーターラビット™展

■会場
【東京会場】世田谷美術館 1階展示室(東京都世田谷区砧公園1-2)→Googleマップ
会期:2022年3月26日(土)~6月19日(日) 10:00~18:00 ※最終入館は17:30まで
休館:毎週月曜日 ※5月2日(月)は開館

【大阪会場】あべのハルカス美術館(大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階)→Googleマップ
会期:2022年7月2日(土)~9月4日(日)
時間:火~金曜10:00~20:00 ※入館は19:30まで、月・土日祝10:00~18:00 ※入館は17:30まで
休館:一部の月曜、展示替期間

【静岡会場】静岡市美術館(静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3F)→Googleマップ
会期:2022年9月15日(木)~11月6日(日)

■チケット料金 ※世田谷美術館の料金情報です
一般1600円、65歳以上1300円、大高生800円、中小生500円

  • 平日の日時指定はありません。美術館窓口でも購入できます。
  • 障害者の方は500円。ただし小中高大生の障害者の方は無料。介助者(当該障害者1名につき1名)は無料。
  • 未就学児は無料。
  • 高校生、大学生、専門学校生、65歳以上の方、各種お手帳をお持ちの方は、いずれも証明できるものをご提示ください。
  • 各種割引については世田谷美術館窓口にて取り扱います。

■チケット購入場所
公式チケットサイト・フジテレビダイレクト・チケットぴあ・ローソンチケット
※上記でのご購入がむずかしい方は、ご来場当日分に限り、美術館窓口で購入可能です。ただし、ご来場時に予定枚数が終了している場合があります。

■公式サイト
https://peter120.exhibit.jp/

当記事内の情報は執筆時時点のものになります。情報に誤りがあっても責任は取れませんので、必ず公式サイトにてご確認下さい。

出展:PR TIMES

SPONSORED LINK
出版120周年 ピーターラビット™展のアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
SPONSORED LINK
目次
閉じる