イッタラ展がBunkamuraで開催 →

「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」が東京都美術館で開催《窓辺で手紙を読む女》修復後、所蔵館外で世界初公開

「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」のアイキャッチ画像
この記事は約9分で読めます。

東京上野にある東京都美術館で、17世紀オランダ絵画の巨匠ヨハネス・フェルメールの作品に迫る「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」が、2022年1月22日(土)~4月3日(日)の日程で開催されます。
→【追記】2月10日(木)~ 4月3日(日)に開催決定しました。

フェルメールが自身のスタイルを確立したといわれる初期の傑作《窓辺で手紙を読む女》を修復後、所蔵館のドレスデン国立古典絵画館以外では本展が世界初公開となります。

東京都美術館で開催後は、北海道(北海道立近代美術館)、大阪(大阪市立美術館)、宮城へと巡回予定です。

SPONSORED LINK
目次

「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」について

ヨハネス・フェルメール《窓辺で手紙を読む女》(修復前)の作品画像
ヨハネス・フェルメール《窓辺で手紙を読む女》(修復前)
1657-59年頃 油彩、カンヴァス 83×64.5cm
© Gemäldegalerie Alte Meister, Staatliche Kunstsammlungen Dresden, Photo by Herbert Boswank (2015)

「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」の注目作品である17世紀のオランダ絵画の巨匠ヨハネス・フェルメールの《窓辺で手紙を読む女》は、窓から差し込む光の表現、室内で手紙を読む女性像など、フェルメールが自身のスタイルを確立したといわれる初期の傑作です。

ヨハネス・フェルメール《窓辺で手紙を読む女》(修復後)の作品画像
ヨハネス・フェルメール《窓辺で手紙を読む女》(修復後)
1657-59年頃 油彩、カンヴァス 83×64.5cm
© Gemäldegalerie Alte Meister, Staatliche Kunstsammlungen Dresden, Photo by Wolfgang Kreische

本作品は、1979年のX線調査で壁面にキューピッドの描かれた画中画が塗り潰されていることが判明し、長年、その絵はフェルメール自身が消したと考えられてきました。

しかし、2017年の調査により、フェルメール以外の人物により消されたことが新たに分かり、翌年から画中画の上塗り層を取り除く修復が開始されました。2019年5月には、キューピッドの画中画が部分的に現れた修復途中の作品が、記者発表にて公開されています。


本展では、この修復過程を紹介する資料とともに、大規模な修復プロジェクトによってキューピッドが完全に姿を現した《窓辺で手紙を読む女》の当初の姿を、所蔵館であるドレスデン国立古典絵画館のお披露目に次いで公開。
所蔵館以外では世界初公開です。

レンブラント・ファン・レイン《若きサスキアの肖像》の作品画像
レンブラント・ファン・レイン《若きサスキアの肖像》
1633年 油彩、板 52.5×44cm
© Gemäldegalerie Alte Meister, Staatliche Kunstsammlungen Dresden, Photo by Elke Estel/Hans-Peter Klut

また、ドレスデン国立古典絵画館が所蔵するレンブラント、メツー、ファン・ライスダールなど、17世紀オランダ絵画の黄金期を彩る珠玉の名品約70点もあわせてご紹介します。

ヤーコプ・ファン・ライスダール《城山の前の滝》の作品画像
ヤーコプ・ファン・ライスダール《城山の前の滝》
1665-70年頃 油彩、カンヴァス 99×85cm
© Gemäldegalerie Alte Meister, Staatliche Kunstsammlungen Dresden, Photo by Elke Estel
ドレスデン国立古典絵画館とは

ドレスデン国立古典絵画館は、ドイツ東部ザクセン州の州都・ドレスデンのツヴィンガー宮殿の一角にある美術館。

17世紀から18世紀にかけての2代のザクセン選帝侯のコレクションに始まり、15世紀から18世紀の絵画を多く収蔵し、特にルネサンス期、バロック期のイタリア絵画、17世紀のオランダ絵画、フランドル絵画が主要なコレクションとなっています。

本展に出品される《窓辺で手紙を読む女》のほか、同じくフェルメール作の《取り持ち女》も所蔵するなど、ヨーロッパでもトップクラスのコレクションを誇っています。

「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」の見どころ

東京都美術館で開催のフェルメール展ポスター

フェルメール《窓辺で手紙を読む女》を修復後、所蔵館以外で世界初公開!

隠されていたキューピッドの画中画が姿を現した本作を、所蔵館でのお披露目に次いで公開します。修復後の姿を公開するのは、所蔵館以外では世界初となります。

《窓辺で手紙を読む女》修復プロジェクトの過程をご紹介

上塗りされた絵具層を慎重に取り除き、徐々に姿を現していくキューピッド。その修復の過程を、映像などでご紹介します。

ドレスデン国立古典絵画館が誇る17世紀オランダ絵画コレクション

フェルメールだけでなく、レンブラント、メツー、ファン・ライスダールといった17世紀オランダを代表する画家たちの名品約70点を展示します。

ヘラルト・テル・ボルフ《手を洗う女》の作品画像
ヘラルト・テル・ボルフ《手を洗う女》
1655-56年頃 油彩、板 53×43cm
© Gemäldegalerie Alte Meister, Staatliche Kunstsammlungen Dresden, Photo by Elke Estel
ヤン・ステーン《ハガルの追放》の作品画像
ヤン・ステーン《ハガルの追放》
1655-57年頃 油彩、カンヴァス 136×109cm
© Gemäldegalerie Alte Meister, Staatliche Kunstsammlungen Dresden, Photo by Elke Estel/Hans-Peter Klut

「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」開催概要

「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」のアイキャッチ画像

■展覧会名
ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展

■会場
【東京会場】東京都美術館 企画展示室(東京都台東区上野公園8-36)→Googleマップ
会期:2022年1月22日(土)〜4月3日(日) → 2月10日(木)~ 4月3日(日) ※2月14日(月)は臨時開室
9:30~17:30​(入室は閉室の30分前まで)
休館:月曜日、3月22日(火) ※ただし3月21日(月・祝)は開室

【北海道会場】北海道立近代美術館(北海道札幌市中央区北1条西17丁目)→Googleマップ
会期:2022年4月22日(金)~6月26日(日)

【大阪会場】大阪市立美術館(大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82)→Googleマップ
会期:2022年7月16日(土)~9月25日(日)

【宮城会場】宮城県美術館(宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1)→Googleマップ
会期:2022年10月8日(土)~11月27日(日)

■チケット料金 ※東京都美術館の情報です。
一般2,100円、大学生・専門学校生1,300円、65歳以上1,500円

  • 本展は日時指定予約制です。
  • 高校生以下無料(ARTPASSでの日時指定予約必要)
  • ​18歳以下の方(2003年4月2日以降生まれ)は無料(ARTPASSでの日時指定予約必要)​
  • 身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料(日時指定予約不要)。
  • 未就学児は日時指定予約不要です。
  • 高校生、大学生・専門学校生、18歳以下の方、65歳以上の方、各種お手帳をお持ちの方は、いずれも証明できるものをご提示ください。

■公式サイト
https://www.dresden-vermeer.jp/

当記事内の情報は執筆時時点のものになります。情報に誤りがあっても責任は取れませんので、必ず公式サイトにてご確認下さい。

出典:PR TIMES

SPONSORED LINK
「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」のアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
SPONSORED LINK
目次
閉じる