イッタラ展がBunkamuraで開催 →

2000年前にタイムスリップ!特別展「ポンペイ」が東京国立博物館で開催。京都京セラ美術館や九州国立博物館にも巡回

特別展「ポンペイ」のアイキャッチ画像
この記事は約7分で読めます。

東京上野にある東京国立博物館 平成館で、火山の噴火で消滅した古代ローマ都市・ポンペイに生きた人びとの実像に迫る特別展「ポンペイ」が、2022年1月14日(金)~4月3日(日)の日程で開催されます。

ナポリ国立考古学博物館の至宝約150点を紹介する本展は、同館が誇る名品がかつてない規模で出品される「ポンペイ展の決定版」とも言える展覧会となります。

東京国立博物館で開催後は、京都(京都市京セラ美術館)、宮城(宮城県美術館)、福岡(九州国立博物館)へと巡回予定です。

SPONSORED LINK
目次

特別展「ポンペイ」について

ポンペイ展が開催されている東京国立博物館 平成館の外観写真
東京国立博物館 平成館

紀元後79年、イタリアのナポリ近郊のヴェスヴィオ山で大規模な噴火が発生し、火山噴出物に飲み込まれたローマ帝国の都市ポンペイ。

火山灰で埋没した古代の居住地には、当時の人々の生活空間と家財がそのまま封印されています。この「タイムカプセル」の中身を解き明かすべく、ポンペイでは18世紀から現在に至るまで発掘が続いているのです。

東京国立博物館 平成館で開催のポンペイ展(2022年)のエントランス写真

本展では、モザイク、壁画、彫像、工芸品の傑作から、豪華な食器、調理具、といった日用品にいたる様々な発掘品を展示。古代ローマの都市の繁栄と、市民の豊かな生活をよみがえらせます。

2000年前に繁栄した都市と、そこにいた住民たち。その息吹を体感できた時の感動と興奮。特別展「ポンペイ」では、発掘資料の実物ならではの魅力楽しむことができます。

特別展「ポンペイ」の見どころ

(1)ナポリ国立考古学博物館の至宝150点が一挙集結!

古代ギリシア・ローマ、特にポンペイ周辺から出土した遺物の質と量で他のコレクションの追随を許さないイタリア・ナポリ国立考古学博物館。本展はその全面的な協力のもと、日本初公開を含む約150点の名品を紹介します。

東京国立博物館 平成館で開催されたポンペイ展の様子
ポンペイ展の様子
(筆者babi撮影)
ナポリ国立考古学博物館

18世紀にナポリ王カルロ7世が進めたヴェスヴィオ地区発掘調査による出土品と、その母エリザベッタから受け継いだ
ファルネーゼ・コレクションを中心に、王立博物館として1816年に開館。1860年イタリア統一にともない国に移管、現在に至ります。

(2)博物館で遺跡めぐり、2000年前にタイムスリップ!

ポンペイ遺跡の魅力は、何といっても、建造物や出土物の保存状態が良いことです。遺跡を訪れると、2000年前の街にタイムスリップしたように感じます。

東京国立博物館 平成館で開催されたポンペイ展の様子
炭化したパンや干しブドウ
(筆者babi撮影)

本展の後半では、「ファウヌスの家」「竪琴奏者の家」「悲劇詩人の家」に注目し、それぞれの一部を再現展示します。会場内を歩きながら、遺跡や生活空間の雰囲気を感じることができます。

(3)圧倒的な没入感、めくるめく高精細映像体験!

大迫力のヴェスヴィオ山噴火CG、臨場感あふれる「ファウヌスの家」3D映像、そしてナポリ国立考古学博物館で修復が進む「アレクサンドロス大王のモザイク」を高精細映像で!最先端テクノロジーで古代都市ポンペイの姿を体感できます。

東京国立博物館 平成館で開催されたポンペイ展の様子
(筆者babi撮影)

※「バックス(ディオニュソス)とヴェスヴィオ山」は、噴火CG映像とあわせ、会場では「序章:ヴェスヴィオ山噴火とポンペイ埋没」コーナーにてご覧いただけます

特別展「ポンペイ」開催概要

特別展「ポンペイ」のチラシ画像
特別展「ポンペイ」のチラシ画像

■展覧会名
特別展「ポンペイ」

■会場
【東京会場】東京国立博物館 平成館(東京都台東区上野公園13-9)→Googleマップ
会期:2022年1月14日(金)〜4月3日(日)
9:30~17:00​(入室は閉室の30分前まで)
休館:月曜日、3月22日(火)※ただし、3月21日(月・祝)、3月28日(月)は開館

【京都会場】京都市京セラ美術館(京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124)→Googleマップ
会期:2022年4月21日(木)~7月3日(日)

【宮城会場】宮城県美術館(宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1)→Googleマップ
会期:2022年7月16日(土)~9月25日(日)

【福岡会場】九州国立博物館(福岡県太宰府市石坂4丁目7-2)→Googleマップ
会期:2022年10月12日(水)〜12月4日(日)

■チケット料金 ※東京国立博物館の料金情報です
一般2,100円、大学生1,300円、高校生900円

  • 中学生以下、障がい者とその介護者一名は無料
  • 障がい者とその介護者一名は事前予約(日時指定券)不要
  • 事前予約制(日時指定券)を導入しています。会場でも当日券をご購入いただけますが、混雑状況により入場をお待ちいただく場合や、当日券の販売が終了している場合があります。

■公式サイト
https://pompeii2022.jp/

当記事内の情報は執筆時時点のものになります。情報に誤りがあっても責任は取れませんので、必ず公式サイトにてご確認下さい。

出典:PR TIMES

SPONSORED LINK
特別展「ポンペイ」のアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
SPONSORED LINK
目次
閉じる