国立西洋美術館リニューアル記念展 →

幻の国宝、里帰り「ボストン美術館展 芸術×力」が東京都美術館で開催

ボストン美術館展 芸術×力のアイキャッチ画像
この記事は約9分で読めます。

東京上野にある東京都美術館で、新型コロナウイルス感染症の拡大により中止されていた「ボストン美術館展 芸術×力」が2年ぶりに復活、2022年7月23日(土)~10月2日(日)の日程で開催されます。

本展は、アメリカ屈指の規模を誇るボストン美術館のコレクションから、彫刻や肖像画など権力と結びついたさまざまな作品を紹介。“日本にあれば国宝”とも言われる《吉備大臣入唐絵巻》《平治物語絵巻 三条殿夜討巻》が里帰りを果たすことで、2作品をそろって日本で見られる貴重な機会となります。

SPONSORED LINK

「ボストン美術館展 芸術×力」について

古今東西の権力者たちは、その力を示し、維持するために芸術の力を利用してきました。威厳に満ちた肖像画は権力を強め、精緻に描写された物語はその力の正統性を示します。

また、力をもつ人々は、自らも芸術をたしなんだほか、パトロンとして優れた芸術家を支援しました。その惜しみない支援によって、数多くのすばらしい芸術作品が生み出されたのです。

さらに、多くの権力者たちは貴重な作品を収集し、彼らが築いたコレクションは、今日の美術館の礎ともなっています。

本展では、エジプト、ヨーロッパ、インド、中国、日本などさまざまな地域で生み出されたおよそ60点の作品をご紹介します。私たちが鑑賞する芸術作品が本来担っていた役割に焦点を当て、力とともにあった芸術の歴史を振り返ります。

「ボストン美術館展 芸術×力」のみどころ

世界有数のコレクション ボストン美術館から古今東西の傑作集結

当初の予定から2年越しで開催される本展では、世界有数のコレクションを誇るボストン美術館からエジプトのファラオ、ヨーロッパの王侯貴族から日本の天皇、 大名をはじめ、古今東西の権力者たちに関わる作品を紹介します。

《メアリー王女、チャールズ1世の娘》 アンソニー・ヴァン・ダイク の作品写真

彼らが時に政治や外交に利用し、時に愛で、時に自らがたしなみ育んだ美術品およそ60点が展示され、その半数以上が日本初公開となります。

海を渡った二大絵巻が里帰り

本展では、海を渡った二大絵巻、《吉備大臣入唐絵巻》と《平治物語絵巻 三条殿夜討巻》がそろって里帰りを果たします。

《吉備大臣入唐絵巻》(部分) 平安時代後期-鎌倉時代初期、12世紀末

奈良時代に活躍した学者・政治家である吉備真備の活躍を描いた《吉備大臣入唐絵巻》と、平安時代末期の上皇派と天皇派の対立を背景に起こった平治の乱をテーマに緊迫する戦いの様子を描き、

《平治物語絵巻 三条殿夜討巻》(部分) 鎌倉時代、13世紀後半

合戦絵巻の最高傑作のひとつに数えられる《平治物語絵巻 三条殿夜討巻》は、いずれも日本に残されていれば国宝に指定されたと考えられており、“幻の国宝”とも呼ばれています。

《吉備大臣入唐絵巻》は全期を通して、4巻揃って展示されます。

時代を超えて女性達が愛した工芸・ジュエリー

日本初公開となる《孔雀図》を描いた増山雪斎(ましやませっさい)は、本名を正賢(まさかた)と言い、江戸時代中期に伊勢長島藩(現在の三重県桑名市長島町)を治めた大名でした。

《孔雀図》 増山雪斎 江戸時代、享和元年(1801)

本展のために修復され、初めての里帰りを果たす《孔雀図》は、雪斎が数多く取り組んだ画題で、代表作と言える質の高さを誇ります。

「ボストン美術館展 芸術×力」の開催概要

ボストン美術館展 芸術×力のアイキャッチ画像

■展覧会名
ボストン美術館展 芸術×力

■会場
【東京会場】東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)→Googleマップ
会期:2022年7月23日(土)~10月2日(日) 9:30~17:30 ※入室は閉室の30分前まで
休館:月曜日、9月2日(火) ※ただし、9月19日(月・祝)は開室

■チケット料金
一般2,00円、大学生・専門学校生1,300円、65歳以上1,400円

  • 高校生以下無料(日時指定予約必要)。未就学児は日時指定予約不要です。
  • 身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料(日時指定予約は不要)。
  • 高校生、大学生・専門学校生、65歳以上の方、各種お手帳をお持ちの方は、証明できるものをご提示ください。
  • オンライン・プレイガイドでの購入・予約が難しい方を対象に当日の入場枠を設けておりますが、ご来場時に予定枚数が終了している場合があります。詳細は展覧会公式HPをご確認ください。
  • 2020年のチケットの払い戻しはすでに終了しております。ご使用いただけませんのでご了承ください。

■公式サイト
https://www.ntv.co.jp/boston2022/

東京都美術館 の施設概要

SPONSORED LINK
ボストン美術館展 芸術×力のアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!